新潟市・西東京のホームページ制作なら クフー

新潟市・西東京のホームページ制作なら
クフー

クラウドファンディングでこんなプロジェクト見つけました

      2015/12/02

8c5eb8beccef21f2d62270e9ed076665_l
こんにちは、崎本です!お久しぶりです!

今日は子ども達の未来を明るく照らす、ある取り組みを紹介しようと思います。

不登校の子に未来の糸口を

クラウドファンディングサービス「Ready For」にて出資を募っているあるプロジェクトが注目を集めています。
仕掛け人は元学習支援団体NPO法人ボランティアスタッフで、現在はWEBライターなどをしている河合未緒さん。
学生時代不登校だったというご本人の経験を生かし、ITの側面から不登校の子ども達を支えるWEBサービスを作ろうとしています。

不登校の子、親と元不登校の人を繋ぐマッチングサイト「Clue」

不登校の問題に限らず、子どもの抱える悩みに共感し的確にアドバイスをするということは、社会経験を積んできた大人にも難しいことです。
しかし、自身にその経験のある人であれば、そんな繊細な心の問題にもきっと寄り添えるはずです。

そんな「不登校の子」と「不登校経験のある人」がWEB上で繋がれるマッチングサイトが、今回河合さんが制作資金を募っている「Clue」なのです。

WEBを通しての心のケア

実は私は学生時代教育分野を専攻しており、今でも折に触れて子ども達と接する機会があったりするので、このプロジェクトに非常に関心を持っています。

子どもの悩みや心の問題に正解を出すというのはとても難しいことです。
というか正解なんてないのかもしれませんし、あっても必要ないのかもしれません。
悩みを抱える子ども達に一番必要なのは、その悩みを親身になって聞いてくれて、共感してくれて、焦らなくてもいいんだよって優しく声をかけてくれる人の存在なのではないでしょうか。

人の温かさは直接接したときが一番大きく感じられるものです。
WEBというものは兎角その温かさから遠いものとして位置付けられてしまいます。
しかし同じものを見ていても立場や境遇などによってその価値は大きく変わります。
不登校の子というのは往々にして引きこもりがちだったりもし、人との直接的な繋がりを持つことが難しいということがあります。
そんな子にとってはWEBは一つの居場所であり、そこで自分の悩みに真剣に寄り添ってくれる人と出会えるとしたら、そこに生まれる温かさは偽りのない優しさの温度だと思います。
「Clue」は不登校の子ども達にとって温かく居心地の良い居場所になるのではないでしょうか。
そして同時に新しい未来へのスタート地点にもきっとなるはずです。

最後に

河合さんの今回のクラウドファンディングプロジェクトは偶然見かけたものなのですが、その内容の素敵さに思わず筆を取ってしまいました。

人の心に寄り添えるWEBサービス。
素敵ですね。

これからもこういった新しい取り組みをキャッチできるようアンテナ立てていきたいと思います!
また素敵な取り組みに出会ったら紹介しますね!

 - ライフスタイル