新潟市・西東京のホームページ制作なら クフー

新潟市・西東京のホームページ制作なら
クフー

スタバで学ぼう!リピーターが増える心遣いのヒント

      2015/08/16

20140812_sb
スタバに行くと必ずいい気分になって帰ってこられる。

私はスターバックスのファンです。何か集中したいことや、考えたいことがあるときは自然と足がスタバに向きます。

こういう「また行きたくなる」感覚って、客商売としてすごく重要ですよね。スタバの接客は他のコーヒー屋さんとちょっと違います。特に1人で行ったときにサービスが輝いている気がします。

今回は僕がスタバに行く理由を紹介したいと思います。お客として感じた「また行きたくなる理由」として参考にしてみてください。

スタバをリピートしてしまう理由

コーヒーがうまい

やっぱりコーヒー屋さんなだけあって、当たり前ですがコーヒーがうまい。それだけでも行く価値があるかもしれません。

私はインスタントコーヒーがあまり好きではありません。砂糖を混ぜるともたっとするし、ミルクを入れるとツンとするような感覚がして、それがあまり得意になれず・・・。だからブラックで飲むのだけど、苦みに耐性がないのか、あまり美味しく感じない。

ところがスタバのコーヒーはすっきりしているのか、嫌な苦みを感じません。カフェモカやカフェラテなんかもとてもおいしい。

心地よい雑音

雑音が考え事をするのにちょうどいいです。人の話し声は確かに聞こえてくるけど、ちょうどいい雑音です。頭の中が整理できて、新しいアイデアがどんどん浮かんできます。悩み事もさらーっと解決できて、前向きになれる。

これは人にもよるのかもしれないけど、図書館は静かすぎて落ち着かないです。ファミレスやファーストフードのお店では、本を読んだりメモを書いていたりすると注意されるし。

店員のクオリティが高い

なにかにつけて嬉しいことを言ってくれます。雨が降った日にはイケメンが「こんな雨の中わざわざ来ていただいてありがとうございます。ゆっくりしていってください。」と言ってくれます。

本を片手に勉強してるとキュートな女の子が「勉強がんばってくださいね!」と言いつつ差し入れ(新商品のお試し)を持ってきてくれる。「長居してすみません」と謝ると、爽やかに「閉店時間までであればいつまででもどうぞ!」と言ってくれる。

特に期待してスタバに行くわけではないし、毎回言われるわけではないけど、思いがけない一言がもらえてとても嬉しい。こういうことしてもらうと嬉しいんだなーっていうのが体感としてわかります。

ドライブスルーが併設されている店舗もあって、ドライブがてらにスタバの味をお手軽に注文できますが、それではもったいない!確かに味もおいしいけれど、店舗で一休みすればそれ以上の価値を得られると思います。

他にも・・・

「店内は全席禁煙、煙のニオイを感じない」「店内はオシャレでゆったり落ち着ける雰囲気」「可愛い女の子がいるから」

環境がよく、目の保養にもよいみたいですね!
参考:割高でもスタバが皆に選ばれる理由

スターバックスにいくと、店員の方々とてもフレンドリーで、ちょっとした一言がうまくて感心してしまう。

私も同じような理由を挙げましたが、本当にちょっとした一言が上手い。誰にでもできそうなんだけど、すばらしい心遣い。
参考:スターバックスのスタッフ教育

一人でも気軽に入れる。スタバのBGMが好き。店員さんが(ほとんど)みんな素敵で親切。長居できる。一杯一杯丁寧に入れてくれる。

そういえばBGMも素敵です。有名な洋楽をゆったり落ち着けるようなアレンジで、程よい音量で流してくれています。
参考:スターバックスで嬉かったこと・あなたがスターバックスを選ぶ理由は何ですか???

どうしたらリピーターは増えるのか?

お客様が「割安」と思えば

お客様は「自分が支払うお金」と「自分が受けとる対価」を比べて、割のいい買い物だと感じたときにお金を払うものだそうです。いくら1杯100円で激安だとしても、まずいラーメンはわざわざ食べに行かないでしょうしね。(行ったとしてもどれだけまずいか確かめに行くくらい)

しかし裏を返すと魅力的な体験ができるなら、喜んでお金を払います。思いがけない体験、感動的な体験があるからこそリピーターはつくのだと思います。

インターネットで付加価値をつける

インターネット上でもスタバの接客に近いことができるかもしれません。いくらインターネットが成長しても、そのバックグラウンドは人対人の世界であることには変わりがないのです。

簡単なことでいえば、買ってもらったらお礼のメールを送ってみるとか、送った商品に手紙をつけてみるとか、一定期間が過ぎたら経過はどうか連絡を入れてみるとか、サプライズでちょっとした商品を送ってみるとか、もしかしたら何かできることがいろいろあるかもしれませんね!

 - ライフスタイル