新潟市・西東京のホームページ制作なら クフー

新潟市・西東京のホームページ制作なら
クフー

新スタッフのオムライス食べ歩きツアー

      2015/08/16

a1180_008992_m

皆さんはじめまして!縁あってクフーに新しく加わることとなりました新人の崎本と申します。主に対外的な業務を担当いたしますので、これからこうして皆さんの前に出てくることが多くなると思います。どうぞお見知りおきくださいますよう宜しくお願い致します!

さて、タイトルにもありますように今日はオムライスのお話です。

オムライスとは、

日本で生まれた米飯料理である。ケチャップで味付けしたライス(チキンライスまたはバターライス)を、オムレツのような鶏卵で包んだ日本の洋食である。

引用:Wikipedia

とのことだそうです。日本の洋食というパラドキシカルなジャンルに区分されるお馴染みのあの黄色くてまるっとしたアレです。

その皆さん大好きなオムライスを求めて一日で都内三店回ってきました。

一日オムライス食べ歩きツアー

銀座「煉瓦亭」元祖オムライス

一軒目は1895年(明治28年)から続く銀座の老舗洋食屋「煉瓦亭」。いくつかの洋食メニュー発祥の店と云われるこちらのお店で元祖オムライスを頂いてきました。

IMG_7953

こちらのオムライスの特徴は何といってもその製法ではないでしょうか。上記Wikipediaの説明にもある通り、通常オムライスといえばチキンライスを焼いた卵で包んだものが一般的ですし、僕もそのような認識でいました。ですがこの元祖オムライスは卵にご飯やその他の具材を混ぜて焼き上げてあるのです。もはや卵焼きに近いイメージです。

日本橋「たいめいけん」タンポポオムライス(伊丹十三風)

二軒目に訪れたのは1931年(昭和6年)創業のこちらも老舗の洋食屋「たいめいけん」。豊富な洋食メニューの中から僕がセレクトしたのは、映画「タンポポ」でその製法が日本中に広まった看板メニュー、タンポポオムライス(伊丹十三風)です。

IMG_7957 IMG_7958

盛り付けたチキンライスの上に中が半熟のオムレツ(具なし)を乗せ、食べる直前にそのオムレツを割りチキンライスを包み込むように開くことで完成する、体験型オムライスです。最近では割とポピュラーになってきたタイプかと思います。

秋葉原「@home cafe」ぴよぴよぴよ♪ひよこさんライス

最後のお店は趣向を変えて秋葉原のメイド喫茶です。今年でめでたく10周年を迎えた人気店「@home cafe」で頂くのは、目にも楽しいオムライス、ぴよぴよぴよ♪ひよこさんライスです。

10606427_328669677324652_7099459918653884180_n

ハート形のお皿に可愛らしく盛り付けられたオムライスに店員のメイドさんが目の前でケチャップでお絵かきをしてくれ、更に美味しくなる魔法の呪文まで一緒にかけてくれるという、至れり尽くせりな一品です。オムライス自体はチキンライスに焼いた卵を被せた一般的なタイプなのですが、それを提供する際のサービスがこれまでの二軒とは一線を画すものとなっており、これはまさにメイドさんと御主人様(店員さんとお客のことです)で共に作り上げるエンターテイメント型オムライスと云えるのではないでしょうか。

時代と共に多様化するオムライス

今回のオムライス食べ歩きツアーには実はテーマがありまして、『オムライスの歴史を感じよう』という思いで歩き回ってきました。

明治の頃、「煉瓦亭」で賄い飯として生まれた元祖オムライスはチキンライスを卵で包むタイプへと形を変え広く知られるようになります。昭和に入り、そのチキンライスを卵で包むというオムライスの根幹に「たいめいけん」がタンポポスタイルで変化をもたらしました。そして我々の生きる平成の時代、「@home cafe」に代表されるメイド喫茶が、オムライスそのものではなくそれを提供するというサービスの部分に大きな付加価値を付けることで、オムライス界そのものに新たな1ページを作ったと言えるでしょう。

まとめ

時代ごとに起きたオムライスイノベーションからモノづくりやマーケティングに必要な視点に改めて気づかされた気がします。商品そのものの価値にフォーカスを当てるのか、それとも全く別の方向から新たな価値を足し算していくのか。イノベーションの方法はさまざまですね。

これからもアンテナを広げて様々なところから学びを得ていこうと思います!

あとオムライスはどれも超美味しい絶品でした。皆さんも機会があれば是非食べに訪れてみてください。

反省

食べ歩き前日の夜、あまりの空腹に耐えきれず一人で鍋二人前ほど作って食べてしまいました。おかげで食べ歩きは二軒目で早くも辛くなってしまいした。勿論注文したものは残さず美味しく頂きましたが。

皆さんも食べ歩き前日の食べ過ぎには注意しましょう。

 

WEB屋の卵が卵の話をお送りしました!

 - ライフスタイル