新潟市・西東京のホームページ制作なら クフー

新潟市・西東京のホームページ制作なら
クフー

良質な記事を書くために質の低い記事を知ろう

      2015/12/02

lgf01a201409020900
先日、「良質な記事」を書く前にという記事で、「質の高いブログを書こうと思って筆を止めるよりも、まずはブログを書くことに慣れるため、量をこなすことからはじめよう」ということをお伝えしました。

良質なコンテンツ作りが集客アップに効果的なのは間違いないです。ある程度ブログを書くのに慣れてきたら「良質な記事」を目指して書いていくことをオススメします。

質の低いコンテンツとは?

良質なコンテンツを知るためには、質の低いコンテンツがどのようなものかを知る必要があります。Googleが定義している内容としては、自動生成されたコンテンツ、無断で複製されたコンテンツ、アフィリエイトが挙げられます。より具体的にいうと文字数が極端に少なかったり、他サイトのパクリ記事などが質の低いコンテンツです。

上記の内容に抵触してしまうと、Googleから様々なペナルティを受けます。たとえば検索サイトに表示されなくなったり、該当する記事の検索順位が落ちたり、サイト全体の価値が低下しトップページの順位が下がります。そのため、訪問者にとって役に立つオリジナルコンテンツを作ろう!と意識することが大切だといえます。

集客を意識した良質なコンテンツ作り

集客を念頭に置いてコンテンツ作りをする場合、いかにテーマやテーマに関するキーワードを意識して書いたかが重要です。キーワードを重視して書くと、少しずついろんなキーワードであなたのサイトにアクセスが集まってきます。

ですから、ただの日記を書いていても集客には結びつきにくいです。ツイッターやフェイスブックに投稿する日記のような内容のブログはオススメしません。その場限りのアクセスは得られますが、検索エンジンに評価されることなく埋もれていくだけでなく、「質の低い記事」としてホームページ全体の評価が下がることもしばしばです。

質の低い記事が多いホームページの場合、質の低いを削除すると全体の検索順位が上がることもしばしばです。

もちろん、テーマやテーマに関するキーワードだけのブログというのも味気ないので、たまに運営者の日々思うことなどを書いてもいいのですが、やはりメインはテーマに関するものに絞ることをオススメします。ただの日記やファンとの交流は、できればツイッターやフェイスブックに任せましょう。

誰のために何を書くのか、どんな人に見てもらいたいサイトなのかや、キーワードを意識して書き続けるのがポイントです!

photo by: GATAG

 - ブログ運営